スポンサードリンク

2013年12月07日

ブラック企業と戦う!労働局・労働基準監督署あっせん制度と重要な取引企業

労働基準監督署のあっせん制度・紛争調整委員会!ブラック企業の犯罪行為・ブラック情報を口止めするために、被害者に念書を書かせる!!から続きます。


Bさんは労働基準監督署に行く前に、仁義として、ブラック企業の大管理職に話をしました。


大管理職は、当初、「帰り時間は自分で管理しているでしょ、パスワード入力して自分でやっているでしょ」と惚けていました。

ナンノコト?(*゚ε゚*)a゙


B子さんは「そのようにおっしゃるのなら、Iショッピングセンター・デベロッパーにご協力を求めるしかないですね。


(Iショッピングセンター・デベロッパーも館内に入る時間と出る時間をカードで管理している)


毎日、Iショッピングセンターを退出している時間の5時間以上も前に仕事は終わっているのに、ここのテナント従業員は全員で深夜の人のいない館内で何をやっているのだ?ということにはなりませんか!?」と言いました。


大管理職「・・・」


さらに、ICレコーダーの件も話をすると、大管理職は「ちょっと確認する時間をください」と言いました。



労働基準監督署の職員は、

「Iショッピングセンターは、以前にも他のテナントでこのような件があった時、非常に協力的でした。

その点は大丈夫です。

協力してくれるでしょう。」とのことでした。



労働基準監督署を経て、労働局(紛争調整委員会に所属する労働法の専門家が間に入って双方の意見を聞く)を利用しました。


結果的に、Iショッピングセンター・デベロッパーに協力をお願いする必要も無く、また、ICレコーダーも登場させる必要も無く解決しました。


勢いのあるショッピングセンターなどのデベロッパーには、テナントはとても気を使います。


ブラック企業にとって重要な取引企業を絡めることがポイントです。


また、求人情報に「交通費全額支給」と書かれており、公共の乗り物がない時間まで残業した日のタクシー代も支払わせました。


サービス残業代、交通費など合計で給与の2か月分位のようですが、在職が長い場合は当然もっと多くなるでしょう。


ICレコーダーは持ち合わせていなければ購入する必要はないですね。


相手方に【あっ、あの時だ!!と、録音されたことに思い当たる節】さえ作っておけば十分です。


それを晒して聞かせてくれ!とは言われません。



だた、この企業は入社時に保証人の印鑑証明まで求めており、退職時に返却を求めましたが、労働局の人に「その件は今回含んでいないから後で交渉して」と言われ、一応、総務の人に、それは返します・・と言わせたものの、この件の直後に、その総務の人も退職し、大管理職までも退職したそうです。


ちなみに、大管理職は、赤字会社の代表取締役社長CEOに就任されたようですが、転職クチコミサイト『転職会議』では、人を人と思っていない経営陣。どんなに成果を出している正社員でも簡単に自己都合退社にもっていきます。・・・とあります。。。

ε-(´ω`●)ハァ・・アイカワラズダナァ



その後、Bさんの勤務したIショッピングセンターにテナントとして入店しているブラック企業は、頑として保証人の印鑑証明などを返却しないそうです。


適切かつ迅速に対応すべき個人情報を・・・


いったい何に利用するのでしょうね。

(||゚Д゚)怖ァ...


可能な限り、ブラック企業には関わらないのがベストではあります。


―――――――― ここまで夢の話


ヽ(* `O´ *)ノ ファーーァ!


話はコロッと変わりますが、今日は、まずまずの良いお天気です。


久々にイオンショッピングセンターに行ってきました。


結局何も買いませんでしたが、ハピネス・アンド・ディ(本社・東京)というブランドショップなどでブランド品を何となく見て帰りました。

(*^∪゜)v


スポンサードリンク
posted by 就職・転職活動お役立ち情報!無職ブログ
Comment(3) | TrackBack(1) | ブラック企業 サービス残業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よかったです。 面接を受けるところでした… やたら時給がいいから、ちょっと胡散臭くは思っていましたが。 夢のお話、ありがとうございます。
Posted by みこ at 2013年12月08日 00:25
ちなみに私は書類選考で落とされました・・・・ とほほ・・・です^^;

落ちて良かった!
Posted by jun at 2013年12月08日 19:38
お役に立てて、お礼までしていただいて嬉しいです! お互いにめげずに頑張りましょう!
Posted by 就職・転職活動お役立ち情報!無職ブログ at 2013年12月08日 21:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

労働局・厚生労働省に訴えるとフットワークが軽くなる労働基準監督署の職員
Excerpt: 労働局に設置されている紛争調整委員会が、企業・ブラック企業と労働者双方のあっせんを行う、あっせん制度は、強制的な手続ではありませんので、相手方企業はあっせんを辞退することもできます。 事務局職員があ..
Weblog: 就職・転職活動お役立ち情報!無職ブログ
Tracked: 2013-12-07 23:48
楽天グループ
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。