スポンサードリンク

2013年12月14日

ハローワーク職員「企業情報は個人情報!個人情報保護法適用で教えない」

個人と法人の区別が全くついていないハローワーク職員の法解釈には、本当に驚かされることばかりです!


失業中・求職中ではなくても、暇な方はハローワーク職員とぜひお話ししてみてください。


驚きの連続です!!

w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!!



友人が、ある企業のハローワーク求人情報を見て、その企業の求人情報で掲載されている職種(例えで、以後、営業職とします)ではなく、友人の経験のある職種に興味があり(例えで、以後、総務職とします)、電話でハローワーク職員に質問したそうです。


友人

(゚ペ)?


「株式会社○○の営業職の求人情報を見たのですが、知人より、以前、株式会社○○の総務職の求人情報についても、ハローワークで掲載されていたことがあるはず・・・と聞いたのですが、その時の求人内容の詳細を教えていただけないでしょうか?」


ハローワーク職員

\( ̄0 ̄)/ふぁ〜〜


「企業の個人情報があるので、それは教えられません」

(めんどくさいんだっつーの)


友人

(゚ペ)?


「えっ、個人情報保護法が適用になるのですか?」


ハローワーク職員は上司らしき人に代わったそうですが、上司らしき人も同様に「企業の個人情報があるので、個人情報保護法により、それは教えられません」という回答だったそうです。


当たり前のことですが、個人情報とは、個人の情報であって、特定の個人を識別できる情報・氏名、生年月日等です。


企業情報は、個人情報ではありません。

( ̄ ̄ ̄ ゚̄□ ̄ ̄ ̄ ゚̄ ) ブァ〜〜カ!!!


ハローワーク職員!求職者・ハローワーク利用者の個人情報は漏えい!ブラック企業・企業情報は非公開!へ続きます。


スポンサードリンク
posted by 就職・転職活動お役立ち情報!無職ブログ
Comment(0) | TrackBack(0) | ハローワーク ハローワーク職員の法解釈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
楽天グループ
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。