スポンサードリンク

2014年02月23日

ハローワーク職員ノルマ・有効求人倍率!カラ求人欲しさにブラック企業を擁護

就職四季報などに掲載されている企業の離職率は、離職率の高い企業・ブラック企業が積極的に取り入れている方法、試用期間を契約社員扱いとすることで、実態よりも相当に低く抑えられています。


関連記事

ハローワーク職員の適当極まりない回答!有期雇用期間の雇用契約を交わす試用期間

ヽ(ill゚д゚)ノ アンビリバーボ



ブラック企業の一つ覚え、試用期間を契約社員扱いとする工夫で、厚生労働省が算出する離職率も同じように抑えられます。


厚生労働省とブラック企業の思惑が一致するようです。


また、ハローワークの求人情報をカラ求人情報・法令違反求人で埋め尽くすことで、有効求人倍率も、統計上の数字は上昇してるのでしょう。


関連記事

カラ求人に応募するハローワーク利用者とカラ求人の職業相談に応じるハローワーク職員

カラ求人に注がれる莫大な税金!カラ求人開拓推進員が全国に1600人!月給は20万円!

ハローワーク職員のカラ求人ノルマと営業もどきの活動&トライアル雇用・雇用助成金

ハローワーク不要論!事業仕分け・事業縮小、廃止すべき調子に乗った団体!

試用期間3ヶ月を社会保険未加入とする求人を受理・公開するハローワーク職員

(ーдー) ハァ・・・・・・・



カラ求人を年中休みなく掲載していた企業は、長期間の掲載は止めて、最近は短期間で求人を取り下げる工夫で目立たなくなっているようです。


年中掲載しっぱなしでも、数日で求人を取り下げても、有効求人倍率は求人掲載日数ではなく求人件数なので、統計上の数字に影響はありません。


厚生労働省/ハローワークから、ブラック企業へ指南があったのでしょうかね?


参考

天下りのため社会保険未加入を見て見ぬふり?厚生労働省・日本年金機構・ハローワーク



厚生労働省・ハローワーク、そして、労働基準監督署もブラック企業のお仲間ですからね。。。

ハイハイ (´。` ) =3


インチキ有効求人倍率やインチキ離職率!犯罪レベルのハローワーク・厚生労働省へ続く


スポンサードリンク
posted by 就職・転職活動お役立ち情報!無職ブログ
Comment(0) | TrackBack(1) | ハローワーク ハローワーク職員のノルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
楽天グループ
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。